カテゴリー: 復興の問い直し

東日本大震災復興意識調査から読み解く復興十年の現状と課題-住民・事業者・行政との共同討論【2021年度学会大会 分科会4 概要報告】

金子由芳(神戸大学) 東日本大震災復興の特色は、復興まちづくり事業が長きにわたる大工事となり被災者の生活復興を大幅に遅らせた点にあったとして...

尊厳を失わない災害復興へ -「尊厳ある縮退」を見据えたコミュニティの再生・創生-【2021年度学会大会 分科会3 概要報告】

渥美公秀(大阪大学大学院 人間科学研究科) 当分科会では、「尊厳ある縮退」研究会(日本学術振興会 課題設定による先導的人文学・社会科学研究推...

多様な人々の対話による震災伝承の可能性を考えるー岩手・宮城・福島の災害伝承施設より【2021年度学会大会 分科会2 概要報告】

坂口奈央(日本学術振興会 特別研究員PD)  当分科会では、岩手・宮城・福島3県に近年相次いで設置されている災害伝承施設に焦点を当て、一般的...

災害復興パラダイムを考える カイ・エリクソンの「集合的トラウマ」の概念を手掛かりとして【2021年度学会大会 分科会1 概要報告】

近藤誠司(関西大学) この分科会は、「復興パラダイム研究会」が企画しました。主眼は、カイ・エリクソンの「集合的トラウマ」の概念を再考すること...

震災復興の検証

福留邦洋(岩手大学地域防災研究センター)  先日、ある報道機関からなぜ東日本大震災では復興に関する検証が少ないのか問い合わせがあった。試しに...

関係人口の心の渦

五味壮平(岩手大学人文社会科学部教授) 2012年の年明け頃から東日本大震災で被災した陸前高田市に通っている。 震災前には、盛岡市の地域SN...

あえて「IF」を問う

矢守克也(京都大学防災研究所) 「歴史にIFはない」。このように言われる。しかし、筆者は、防災・減災、復旧・復興について考える時、「IF」を...