日本災害復興学会
Index

日本災害復興学会誌 復興 通巻 第17 号(Vol.7 No.5)
(Disaster Recovery and Revitalization Review, Vol.7, No.5)



編集:日本災害復興学会学会誌編集委員会
発行:日本災害復興学会
発行日:2016年11月11日

【目次】

特集I 平成28年熊本地震―――――――――――――――――――――――――――――――― 1

復興の前提としての被災調査とコミュニケーション
―被災者に寄り添う原点を忘れずに

    室崎益輝(兵庫県立大学防災教育研究センター長)――――――――――――――――  2

中山間地集落の復興を考える
―「車座トーク」から見えてきた「中山間地復興特区」の必要性

    木村拓郎((一社)減災・復興支援機構)――――――――――――――――――――  7

「人間復興」を視座に政策提言
―防災大臣と熊本県知事に提出 提言に沿った制度の改善も

    野呂雅之(関西学院大学災害復興制度研究所)―――――――――――――――――― 10

新たな震災復興の担い手「地域おこし協力隊」の活躍と今後の期待―熊本地震の現場から
    稲垣文彦((公社)中越防災安全推進機構震災アーカイブス・メモリアルセンター)― 14


特集II 災害復興研究をレビューする――――――――――――――――――――――――――― 18

〈法律学〉
わたしの災害復興研究と分野における深化
―被災者支援法制の領域を中心に

    山崎栄一(関西大学)――――――――――――――――――――――――――――― 19

災害法分野における今後の研究課題
    金子由芳(神戸大学)――――――――――――――――――――――――――――― 23

〈建築・都市計画学〉
建築・都市計画分野におけるわたしの災害復興研究と分野における深化
―東日本大震災以降の研究動向を通じて

    越山健治(関西大学)――――――――――――――――――――――――――――― 25


投稿論文

豪雪地帯及び特別豪雪地帯における現状と課題
    古本尚樹(熊本大学)――――――――――――――――――――――――――――― 32

東日本大震災復興にかかる地方財政の5年間の到達点と課題
    桒田但馬(岩手県立大学)――――――――――――――――――――――――――― 37

罹災法廃止をめぐる被災借地権者の問題
    金子由芳(神戸大学)――――――――――――――――――――――――――――― 47

編集後記・学会誌編集委員会委員名簿―――――――――――――――――――――――――― 57

(c)2008 Japan Society for Disaster Recovery and Revitalization