日本災害復興学会
Index

日本災害復興学会誌 復興 通巻 第15号(Vol.7 No.3)
(Disaster Recovery and Revitalization Review, Vol.7, No.3)



編集:日本災害復興学会学会誌編集委員会
発行:日本災害復興学会
発行日:2016年3月21日

【目次】

I.復興のことば、ことばの復興

言葉に〈芯〉を、明かりを宿すということ
    和合亮一(詩人)――――――――――――――――――――――――― 3

被災地で聞かれぬ言葉、当事者の言葉
    寺島英弥(河北新報社編集委員)―――――――――――――――――― 12

阪神・淡路大震災の記憶を次世代に引き継ぐ
―一つひとつの言葉の意味を噛み締めて―

    頼政良太(被災地NGO恊働センター代表)―――――――――――――― 18

ことばをめぐる実践と考察
    阪神・淡路大震災20年研究会―――――――――――――――――――― 23

II.東日本大震災5年を迎えて

災害復興研究の意義と展望
―東日本大震災の復興同時進行研究から―

    中林一樹(明治大学政治経済学研究科危機管理研究センター特任教授)―― 34

福島原発事故賠償の5年間をどうみるか
    除本理史(大阪市立大学大学院経営学研究科教授)――――――――――― 42

III.投稿

防災教育・復興教育の現状と展望
    岩田克一(日本防災士会埼玉県支部 会社員)――――――――――――― 50

仮設住宅でつくられるソーシャル・プロダクト
―東日本大震災の仮設住宅で行われている様々な物づくり―

    野村尚克(Causebrand Lab.代表)
    川村勝之(社会福祉法人東京聖労院)――――――――――――――――― 54

学会誌編集委員会委員名簿・奥付

(c)2008 Japan Society for Disaster Recovery and Revitalization