日本災害復興学会
Index

日本災害復興学会誌 復興 通巻 第6号(Vol.4 No.2)
(Disaster Recovery and Revitalization Review, Vol.4, No.2)



編 集:日本災害復興学会学会誌編集委員会
発 行:日本災害復興学会
発行日:2013年3月11日

【目次】

特集1 復興予算を考える

復興予算の検証
   塩崎賢明(立命館大学政策科学部教授)―――――――――――――――― 3

被災者に届かぬ復興予算―「人間の復興」の阻害構造
   金子由芳(神戸大学大学院国際協力研究科教授)―――――――――――― 9

復興予算に見る被災者主権
   津久井進(関西学院大学災害復興制度研究所研究員・
        日弁連災害復興支援委員会副委員長、弁護士)―――――――― 17

東日本大震災からの復興と財政
   宮入興一(愛知大学名誉教授)―――――――――――――――――――― 23

復興予算と自治体財政―陸前高田市の事例を中心に―
   武田公子(金沢大学経済学経営学系教授)――――――――――――――― 29


特集2 原子力災害からの再生

原子力災害からの福島再生
   鈴木浩(福島大学名誉教授)――――――――――――――――――――― 37

原発賠償と避難者の生活再建
   除本理史(大阪市立大学大学院経営学研究科准教授)―――――――――― 45

適正な除染は、放射線防護の考え方とバランス感覚
−福島の除染は、研究室や会議室ではなく「現場で」行なわれている−

   半澤隆宏(福島県伊達市役所市民生活部次長
        兼放射能対策政策監付次長(除染対策担当))―――――――― 51

浪江町における「復興」検討過程から見えること
〜復興の再定義、ガバナンス、原子力災害の受け止め方〜

   玉川啓(福島県浪江町役場復興推進課主幹)―――――――――――――― 57

葛尾村の避難と復興
   金谷喜一(福島県葛尾村副村長)――――――――――――――――――― 63

被災者台帳は、「事前に」準備すべし
〜大震災の教訓:準備なくして被災者支援は機能せず〜

   吉田稔(被災者支援システム全国サポートセンター長
       ・西宮市CIO補佐官兼西宮市情報センター長)―――――――― 69

原子力災害による広域避難者への支援(原稿提出:2013年4月30日)
   田並尚恵(川崎医療福祉大学)―――――――――――――――――――― 77

東日本大震災とこれからのコミュニティ形成
   丹波史紀(福島大学)―――――――――――――――――――――――― 85


学会誌編集委員会委員名簿・奥付



(c)2008 Japan Society for Disaster Recovery and Revitalization