日本災害復興学会
Index

学会大会

日本災害復興学会2018年度東京大会概要(7.2更新)

 本年の学会大会は日本災害情報学会との合同開催になりました。
2018年度は日本災害復興学会の発足10年となることから、10周年記念大会とします。

開催概要

日程

2018年10月26日(金)-28日(日)

会場

東京大学・本郷キャンパス(東京都文京区本郷1-7-1)
 https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/campus-guide/map01_02.html
  記念シンポジウム 於 安田講堂
  研究発表等    於 法学政治学系総合教育棟、文学部3番大教室

スケジュール

  • 10月26日(金)
    • 13:00     受付開始       [安田講堂]
    • 13:30‐17:30 合同シンポジウム    [安田講堂]
  • 10月27日(土)
    • 09:00     受付開始       [法学政治学系総合教育棟401教室(模擬法廷教室)]
    • 09:30‐12:00 分科会I・III         [分科会1・2会場]
    • 12:00‐12:30 お昼休み
    • 12:30‐14:00 ポスターセッション      [ポスター会場]
    • 14:00‐16:30 分科会II・IV         [分科会第1・2会場]
    • 16:45‐18:15 全体会議           [分科会第1会場]
    • 18:30‐20:00 交流会             [本郷キャンパス内生協中央食堂]
  • 10月28日(日)
    • 09:00     受付開始       [法学政治学系総合教育棟401教室(模擬法廷教室)]
    • 09:30‐10:40 口頭発表(セッション3)   [3日目A・B・C・D会場]
    • 10:50‐12:00 口頭発表(セッション4)   [3日目A・B・C・D会場]
    • 12:00‐13:00 お昼休み
    • 13:00‐14:25 口頭発表(セッション5)   [3日目A・B・C・D会場]
    • 14:35‐15:45 口頭発表(セッション6)   [3日目A・B・C・D会場]

記念シンポジウム

日本災害情報学会20 周年記念大会
日本災害復興学会10 周年記念大会
合同大会 記念シンポジウム
「災害における『検証』とは何か?」
  • 開催日時:2018 年10 月26 日(金)13 時30 分―17 時00 分(開場:13 時00 分)
  • 会 場:東京大学・本郷キャンパス 安田講堂
  • 入 場:無料
  • 内 容:将来の災害による被害を軽減するという観点から、過去に行われた災害の検証事例を共有しつつ、災害以外の分野の「検証」に関する知見や、海外における事例を踏まえながら、災害における「検証」をどう活かすかについて多角的に議論する。

開会挨拶 大矢根 淳(日本災害復興学会長、専修大学人間科学部社会学科 教授)
趣旨説明 秦 康範(シンポジウム実行委員長、山梨大学大学院総合研究部工学域 准教授)

1部 講演
  1. 安部 誠治(関西大学社会安全学部 教授)
       講演タイトル:「事故・インシデントの発生・再発防止と事故調査」
  2. 米村 滋人(東京大学大学院法学政治学研究科 教授)
       講演タイトル:「災害の法的責任と『検証』――医療事故調査と対比して」
  3. 永松 伸吾(関西大学社会安全学部 教授)
       講演タイトル:「米国における災害検証について」
  4. ヤスミン バタチャリヤ(芝浦工業大学総合研究所 助教)
       講演タイトル:「ニュージーランドにおける事故補償制度とカンタベリー地震への応用」
  5. 関谷 直也(東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター 准教授)
       講演タイトル:「東京電力福島原子力発電所事故の検証」
  6. 牧 紀男(京都大学防災研究所 教授)
       講演タイトル:「阪神・淡路大震災の復興検証」
2部 パネルディスカッション 『災害における「検証」 どう活かすか?』
  • コーディネーター:山崎 登(国士舘大学防災・救急救助総合研究所 教授(元NHK解説委員))
  • パネリスト:
    • 牛山 素行(静岡大学防災総合センター 教授)
    • 加藤 孝明(東京大学生産技術研究所 准教授)
    • 岡本 正 (銀座パートナーズ法律事務所 弁護士・博士)
    • 澤田 雅浩(兵庫県立大学大学院 減災復興政策研究科 准教授)
    • 谷原 和憲(日本テレビ放送網 報道局ニュースセンター 専任部長)
    • 廣瀬 昌由(国土交通省 水管理・国土保全局 河川計画課長)
    • 横山 広美(東京大学 国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構・学際情報学府 教授)

閉会挨拶 田中 淳(日本災害情報学会長、東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センター 教授)

≪問い合わせ≫
日本災害情報学会 東京都新宿区神楽坂2-12-1-205((一社)減災・復興支援機構内)
TEL:03-3268-2400 E-mail:tokio@jasdis.gr.jp
日本災害復興学会 兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155(関西学院大学 災害復興制度研究所内)
TEL:0798-54-6996 E-mail:office@f-gakkai.net

・ダウンロード:シンポジウムチラシ(PDF:1,980KB) 2018.10.15更新

分科会

第1会場 法学政治学総合教育棟 101 教室

09:30―12:00
分科会I 〔復興〕傾聴調査の二次分析による『情報の縮約』―研究と実践の架橋に向けて―
 小林秀行(明治大学)
 佐藤慶一(専修大学)
 中島みゆき(東京大学大学院)
 重松貴子(東京大学大学院)
 山崎真帆(一橋大学大学院)
 佐藤香(東京大学)
 田中淳(東京大学)
 コーディネーター:小林秀行(明治大学)

14:00―16:30
分科会II 〔復興〕被災地域における地域コミュニティ再構築―熊本県益城町櫛島地区の事例
 向井洋子(熊本学園大学)
 古荘直樹(櫛島地区まちづくり協議会)
 佐々木康彦(故郷復興熊本会議)
 田中尚人(熊本大学)
 澤田雅浩(兵庫県立大学)
 コーディネーター:向井洋子(熊本学園大学)

第2会場 法学政治学総合教育棟 102 教室

09:30―12:00
分科会III 〔復興〕復興をめぐることばの特性、変容、課題―復興ワードマップ研究会の報告―
 近藤誠司(関西大学社会安全学部)
 宮本匠(兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科)
 石原凌河(龍谷大学政策学部)
 李旉昕(京都大学防災研究所)
 立部知保里(兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科)
 コーディネーター:近藤誠司(関西大学社会安全学部)

14:00―16:30
分科会IV 〔復興〕東日本大震災からの東北復興を考える
 郭基煥(東北学院大学経済学部)
 山中茂樹(関西学院大学災害復興制度研究所)
 古関良行(河北新報社)
 山内宏泰(リアス・アーク美術館)
 塚本卓(気仙沼まちづくり支援センター)
 福留邦洋(岩手大学地域防災研究センター)
 定池祐季(東北大学災害科学国際研究所)
 坂口奈央(東北大学大学院文学研究科)
 佐藤翔輔(東北大学災害科学国際研究所)
 コーディネーター:佐藤翔輔(東北大学災害科学国際研究所)

参加費ほか

両方もしくはいずれかの学会に入会している方 いずれの学会にも入会していない方
一般会員 学生会員 一般会員 学生会員
参加費 2,000円 1,000円 4,000円 2,000円
予稿集代 日本災害情報学会 2,000円 1,000円 4,000円 2,000円
日本災害復興学会 2,000円 1,000円 4,000円 2,000円
交流会費 5,000円 3,000円 5,000円 3,000円

※予稿集や交流会の経費に応じて若干変更される可能性があります。
※大会参加者は各自で宿泊の手配をしてください。

2018年度大会・各種資料(随時追加していきます)

これまでの大会【終了分】




(c)2008 Japan Society for Disaster Recovery and Revitalization