日本災害復興学会
Index

新着情報

第6回首都防災ウィーク実行委員会より、特別決議(要請書)に対する回答依頼が届いています。
回答については資料の別紙2をご参照下さい。


ダウンロード:資料 首都防災ウィーク依頼(PDF:991KB)


[提出期限]
平成30年11月9日(金)


以上、よろしくお願いします。


文部科学省の科学技術・学術審議会測地学分科会では、「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画」の次期計画の策定に向けて検討を進めてまいりました。
計画案の検討に際しては、関連する学協会・機関の皆様からも貴重なご意見を頂きました。改めて御礼申し上げます。


こうしたご意見も踏まえて、この度、別紙のとおり「災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画(第2次)の推進について」(案)を取りまとめました。
この計画案について、本日よりパブリックコメント(任意の意見募集)を開始しましたのでお知らせいたします。


つきましては、本計画案に対するご意見がございましたら、以下の方法でご提出頂けますよう、よろしくお願いいたします。
詳しくは、PDFファイルをご覧ください。


ダウンロード:災害の軽減に貢献するための地震火山観測研究計画(第2次)の推進について(PDF:871KB)
ダウンロード:ご意見記入様式(Word:15KB)


【意見提出方法】
本計画案に対するご意見は、以下の(a)又は(b)の方法でご提出ください。
(a) 以下の意見募集ホームページにアクセスし、意見提出フォームからご意見を提出願います。
〔意見募集ホームページ〕
http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=185001007&Mode=0
(b) 別添の記入様式にご意見を記入の上、電子メール、FAXまたは郵送により、文部科学省地震・防災研究課(担当:大河原、郡司)宛てに送付願います。
E-mail: jishinkazan@mext.go.jp
FAX:03-6734-4139
郵送先:〒100-8959 東京都千代田区霞が関3?2?2
文部科学省研究開発局地震・防災研究課 大河原、郡司

【意見提出期限】
平成30年11月9日(金)


分科会の詳細が決まりましたのでご覧ください。
また、プログラムが更新されました。
こちらも各種資料よりご覧ください。
http://f-gakkai.net/modules/tinyd1/index.php?id=3


学会大会のプログラムが決定いたしました。
口頭発表、ポスター発表については大会プログラムをご覧ください。

ダウンロード:大会プログラム(2018_taikai_program.pdf/PDF668KB)

分科会は4つが企画されています。
詳細は後日お知らせいたします。
【分科会】
・復興をめぐることばの特性、変容、課題 ~復興ワードマップ研究会の報告~ (企画:近藤誠司)
・被災地域における地域コミュニティ再構築―熊本県益城町櫛島地区の事例 (企画:向井洋子)
・傾聴調査の二次分析による『情報の縮約』~研究と実践の架橋に向けて~ (企画:小林秀行)
・東日本大震災からの東北復興を考える (企画:佐藤翔輔)


記念シンポジウムのお知らせ

日本災害情報学会20 周年記念大会
日本災害復興学会10 周年記念大会
合同大会 記念シンポジウム
「災害における『検証』とは何か?」


2018年10月26日(金)開催の記念シンポジウムの概要が決定しましたのでご案内します。

開催日時:2018 年10 月26 日(金)13 時30 分―17 時00 分(開場:13 時00 分)

会 場:東京大学・本郷キャンパス 安田講堂

内 容:将来の災害による被害を軽減するという観点から、過去に行われた災害の検証事例を共有しつつ、災害以外の分野の「検証」に関する知見や、海外における事例を踏まえながら、災害における「検証」をどう活かすかについて多角的に議論する。

参加費:無料

・ダウンロード:シンポ概要(PDF:141KB)


学会大会の出欠の連絡をFAXまたはメールでご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

出欠連絡用紙提出期限:9月14日(金)
FAX送信先:03-5227-6862
E-mail:entry@jasdis.gr.jp

○ダウンロード:大会案内・出欠連絡用紙.pdf(PDF:251KB)


2018-8-10 12:09:09

事務局は入所しております学校規定により閉室期間が以下の通りになります。

閉室期間:2018年8月11日(土)‐2018年8月21日(火)

よろしくお願いいたします。


論文集12号を掲載しました。
 ※論文集12号のURL
 http://f-gakkai.net/modules/tinyd9/index.php?id=43

●論文集12号 目次
<一般論文>
津波災害復興における安全性検討過程の課題考察
―東日本大震災後の災害危険区域指定プロセスを通して―
   荒木 裕子(名古屋大学減災連携研究センター 特任准教授)
   北後 明彦(神戸大学都市安全研究センター 教授)

<事例研究>
東松島市における東日本大震災復興モニュメントの検討プロセス
   佐藤 翔輔(東北大学災害科学国際研究所 准教授)

<一般論文>
ニューヨークのハリケーン“Sandy”の復興事例からみる復興、レジリエンス、公共政策の関係性
   清水 美香(京都大学学際融合教育研究推進センター 特定准教授)

<一般論文>
被災者への支援とソーシャル・キャピタルの関係性についての実証的研究
―台湾における2009年の台風8号の被災者を例とした二次分析―
   薛 欣怡(東京大学大学院学際情報学府博士課程)

<事例研究>
ソーシャル・キャピタルを活用した災害に強いまちづくり
―福島原子力発電所事故の県外避難者受け入れ経験から―
   岩垣 穂大(早稲田大学人間総合研究センター 招聘研究員)
   辻内 琢也(早稲田大学人間科学学術院 教授/早稲田大学災害復興医療人類学研究所)
   扇原 淳(早稲田大学人間科学学術院 教授/早稲田大学災害復興医療人類学研究所)


 2018年度学会大会の研究発表(口頭発表、ポスターセッション)の募集を開始いたします。
 発表をご希望の方は募集要項をご覧の上お申し込みください。

日程:2018年10月28日(日)
場所:東京大学・本郷キャンパス(東京都文京区本郷1-7-1)
   法学政治学系総合教育棟、文学部3番大教室

応募締切:2018年8月15日(水)12:00(正午) ※厳守

「日本災害情報学会・日本災害復興学会合同大会研究発表申込フォーム」
https://science-cloud.com/jasdis/form.php

尚、学会費の納入状況について確認されたい場合は、2018年8月10日(金)15時30分までに日本災害復興学会事務局へお問い合わせ下さい。

ダウンロード


日本災害復興学会 分科会セッション企画公募のご案内

日本災害復興学会では、今年度の大会分科会につきまして、例年同様、会員各位からの企画提案を下記の通り募集する運びとなりました。会員の皆様からの奮ってのご提案をお待ちしております。

募集要項

開催日時
 2018年10月27日(土)

開催場所
 東京大学・本郷キャンパス(東京都文京区本郷1-7-1)

応募方法
 別紙提案書に必要事項を記入の上、下記担当者にメールで送付してください。
 日本災害復興学会 分科会担当 bunkakai-entry@f-gakkai.net

〆切
 2018年7月31日(火)正午(必着)

予算
 非会員の登壇者には交通費(実費)を支給することができます。ただし分科会全体として予算は20万円しかありませんので、満額お支払いできないことがあることをご了承ください。他の財源を組み合わせて実施することも可能です。交通費以外の予算の使用については担当者までご相談ください。

注意事項
・分科会のテーマは災害復興に関わるものであれば構いません。
・日本災害復興学会の設立趣旨に基づき、分野横断的かつ学術と実務のバランスのとれた企画提案を歓迎します。

公募条件
・企画提案者が公募締切時点で日本災害復興学会の会員であること。
・企画提案者がセッション登壇者との連絡調整ならびに当日の運営について責任を持って実施できること。(大会実行委員会では旅費の支給・会場の設営などの基本的なサポートのみ行います。)
・大会終了後、各セッションの概要をまとめた報告書を提出して下さい。
・原則として、提案時点で登壇者の承諾を得てください。
・会場備付のPCは用意がありませんので、企画提案者がご用意ください。

採否
・締め切りまでに提案された企画が募集数(6件)を超えた場合、大会実行委員会にて選考を行う場合があります。
・大会全体との関係で、企画内容の調整をお願いする場合があります。

ダウンロード


(1) 2 3 4 ... 12 »
(c)2008 Japan Society for Disaster Recovery and Revitalization