日本災害復興学会
Index
2012-7-5 17:39:40
Infomation : 日本災害復興学会2012福島大会研究発表の募集について(募集要領)

学会員各位

日本災害復興学会2012福島大会研究発表の募集について(募集要領)

 日本災害復興学会2012年度大会では、下記の要領で研究発表を募集いたします。学術的な発表および実務的な発表を歓迎いたします。

1.研究発表日時

2012年 10月6日(土) 
 エクスカーション
2012年 10月7日(日) 
 午前 分科会(2分科会を開催予定)
 午後 分科会(2分科会を開催予定)、全体会
2012年 10月8日(月) 
 午前 特定論題セッション・自由論題セッション
 昼  特定論題セッション・自由論題セッション※ポスター、人数多数の場合
 午後 公開シンポジウム

2.会場

 コラッセ福島

3.テーマ

 本年度は、東日本大震災をテーマとした分科会とそれを受けた全体会を行います。研究発表は、特定論題と自由論題とに分かれています。特定論題は「東日本大震災」とします。自由課題は、災害復興に関するものであれば内容を問いません。
 本年度の研究発表は、なお、分科会に関連したテーマの場合は、分科会での口頭発表をお願いする場合があります。発表希望者が多数の場合はポスター発表の可能性がありますので、ご承知おきください。

4.応募資格および方法

研究発表者の中に、少なくとも一名の学会会員を含めてください。当日の報告者は会員に限定しません。研究発表を希望される場合には、2012年8月11日24:00までに entry2012@f-gakkai.net あてに、?タイトル、?発表者(所属)および共同発表者(所属)をご連絡下さい。

5.報告方法

 発表時間は15分(発表12分、質疑応答3分)です。
 原則、口頭発表としますが、人数が多い場合は、ポスターセッションを開催します。ポスターセッションの場合は、在籍時間義務時間は90分間です。ポスターを掲示し、各自質疑応答をします。時間中は基本的にポスターの前にいて参加者の質問などに対応してください。ポスターの掲示スペースは、A1サイズ(594mm×841mm)程度です。追加資料を配布することもできます


6.予稿集への論文の投稿について

 4頁(または2頁)の論文を提出してください。それらを取りまとめて印刷・製本して、大会論文集を発行し、すべての参加者に配布します。
論文様式は、別紙「災害復興学会大会(2012・福島)論文書式」を学会ホームページからダウンロードしてご参照ください。(http://f-gakkai.net/uploads/2012taikai/2012ronbun_shoshiki.doc

・締 切: 2012年8月28日(火)24:00
・提 出: 完全版下原稿でPDFファイル形式およびWordファイル形式のものをメールにて送付
・送付先: entry2012@f-gakkai.net ※ 送付の際に、特定論題か自由論題かを記載のこと

※もし、エントリーを辞退する場合も必ず連絡をすること。
・原稿受領トラブル防止のため2012年8月30日12:00までに実行委員会から受領確認のメールをお送りします。確認のメールが届かない場合は学会事務局もしくは実行委員会に必ずメール等で確認をとるようにしてください。この確認を怠った場合は発表できない可能性がありますことをご承知おきください。

日本災害復興学会2012福島大会研究発表の募集について(募集要領)(Word:44.5kB)
災害復興学会大会(2012・福島)論文書式(Word:33kB)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
(c)2008 Japan Society for Disaster Recovery and Revitalization