日本災害復興学会
Index
2011-8-9 11:00:00
Infomation : 日本災害復興学会2011東京大会研究発表の募集について(募集要領)

学会員各位

日本災害復興学会2011東京大会研究発表の募集について(募集要領)

 日本災害復興学会2011年度大会では、下記の要領で研究発表を募集いたします。学術的な発表および実務的な発表を歓迎いたします。

1.研究発表日時

2011年 10月8日(土) 
 午後  分科会(3分科会を開催予定)
      交流会
2011年 10月9日(日) 
 午前  分科会(3分科会を開催予定)
  昼   自由論題セッション(ポスターセッション)
 午後  全体会
      公開シンポジウム

2.会場

 明治大学 駿河台キャンパス

3.テーマ

 本年度は、東日本大震災をテーマとした分科会とそれを受けた全体会を行います。研究発表は、特定論題と自由論題(いずれもポスター発表)とに分かれています。特定論題は「東日本大震災」とします。自由課題は、災害復興に関するものであれば内容を問いません。本年度の研究発表は、原則、ポスターセッションとなります。なお、分科会に関連したテーマの場合は、分科会での口頭発表をお願いする場合がありますので、ご承知おきください。

4.応募資格および方法

 研究発表者の中に、少なくとも一名の学会会員を含めてください。当日の報告者は会員に限定しません。研究発表を希望される場合には、2011年9月9日24:00までにentry2011@f-gakkai.netあてに原稿を送付してください。今回は事前エントリーを行いません。原稿受領トラブル防止のため9月12日(月)12:00までに実行委員会から原稿受領確認のメールをお送りします。確認のメールが届かない場合は学会事務局もしくは実行委員会に必ずメール等で確認をとるようにしてください。この確認を怠った場合は、発表できない可能性がありますことをご承知おきください。

5.報告方法

 ポスターセッションは、90分間です。ポスターを掲示し、各自質疑応答をします。時間中は基本的にポスターの前にいて参加者の質問などに対応してください。ポスターの掲示スペースは、A1サイズ(594mm×841mm)程度です。追加資料を配布することもできます。

6.予稿集への論文の投稿について

 4頁(または2頁)の論文を提出してください。それらを取りまとめて印刷・製本して、大会論文集を発行し、すべての参加者に配布します。
論文様式は、別紙「災害復興学会大会(2011・東京)論文書式」を学会ホームページからダウンロードしてご参照ください。(http://f-gakkai.net/modules/news/article.php?storyid=41)
・締 切: 2011年9月9日24:00
・提 出: 完全版下原稿でPDFファイル形式およびWordファイル形式のものをメールにて送付
・送付先: entry2011@f-gakkai.net ※ 送付の際に、特定論題か自由論題かを記載のこと


日本災害復興学会2011東京大会研究発表の募集について(募集要領)(Word:40kB)
災害復興学会大会(2011・東京)論文書式(Word:33kB)

印刷用ページ このニュースを友達に送る
(c)2008 Japan Society for Disaster Recovery and Revitalization